情報

ここで勝負はいけない

ここで勝負はいけない

(公開: 2014年9月18日 (木)

パソコンの画面の前に座って、リアルタイムで変動している為替レートを目を向けていると、どことなく注文をしたいという抑えようの無い感情に影響される方も少なくないと思います。

 

だがしかし、なんとなく感覚でトレードすることだけは断じてしてはいけません。

 

ご覧の通り、市場は終日どういう時でもどこかの為替相場は動いているし、市場もいかなる時でも上がったり下がったりします。

 

だからといって、エントリーを重ねているとそれだけ損失が生じる危険が上がります。

 

当然、トレードの回数を経験することによってトータルで勝つ可能性が半々になっていくのは事実です。

 

でもその事実は「はっきりしない直感で売り買い」とは話が違います。

 

エントリー回数を重ねる事の意味は自ずから「ここで勝負」と思える確信を得られた状況での取引回数を増やすという意味である。

 

ただ何となく、絶え間なくトレードを積むのとは違います。

 

外国為替相場の駆け引きに敗北しないためには白分で主体的に緩急をつけることが重要です。

 

「ここがチャンス」と思えた相場の時には思い切って所有ポジションを多くして徹底的に利益を追求する。

 

「かなり難しいマーケットで、どう推移するのかわからないな」と思ったならば、潔く諦めて売買ポジションを全部見切りをつけて放置します。

 

これぐらいのけじめがあったほうが、結果的に注文はうまくいくものだ。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りです。

 

相場とは、いつでも売買ポジションを保有する事がすべてではなく、売買ポジションを持たないで静観していることも時には必要です。

 

それならば、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、先に述べたように、これからのマーケットが明確に見通しがきかない時ですこれからドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、考え無しで行動すると、自分の考えた物語とは逆の方向に為替相場が向ってしまい、損失を被る事になります。

 

だから、このような場面ではポジションを整理して、何もせずに見ているだけが最良の選択です。

 

2番目に、あなたの体調がすぐれない時。

 

健康状態と為替相場につながりがない思う方もいますが意外と関係があります。

 

体調がよくなければ為替相場の判断しなければいけない状況で、落ち着いた決断を下すことができない。

 

気乗りがしない時は外国為替相場から距離を置くことも重要な事です。

 


フリマ開催

フリマ開催

(公開: 2014年6月 6日 (金)

リサイクル商品を集めて

フリーマーケットを月に2回開催しています。

その情報をブログでお知らせしていますが、

なかなか訪問者が増えません。


検索エンジンで上位に表示されるようになるという

SEO対策をしてみたら?と仲間にいわれて

色々とやってみましたが、そんなに簡単にはいきませんね。

seo-process.gif
参照:http://goo.gl/bVJNHZ


まず、何をしてよいかも分からなかったので、

それを調べることから始めました。


インターネットで検索をしましたが、

あまりに沢山の情報があって何がいいのかも分かりませんでした。


そんな中みつけたブログがあります!



SEO対策をとても分かりやすく説明してくれています。

初心者にも本当に分かりやすくて参考になりました。