今年は足にきた。

梅雨入りしました。 毎年6月初旬は、憂鬱です。 数年前に関節リウマチを発症してからは、梅雨入れの少し前からジワジワと、そしてある朝、目が覚めると首が痛くて動かなくなっていたり、腕も曲がったまま動かせなくなったりします。 発症した年は、首の痛みが物凄く長引いたため、日付やその日の出来事まで覚えているくらいです。 たしかサッカー男子日本代表の最終予選のある日でした。 昨年の同じ時期は、薬が効いていたのか軽く首と右腕に症状が出ていました。 苦笑いしながら自転車を片手運転して、1週間ほどやり過ごしました。 そして今年はというと、なぜか足にきてます。 梅雨明けは早めと聞いていますが、湿度や気温が高く雨量の多い夏になりそうで今から滅入っています。 関節リウマチの痛みや腫れは湿度とも関係しますが、気圧配置の影響を受けているようで乾燥してカラッとした晴天でも、関節がジクジクした感じがする時があります。 春雨、梅雨、台風、秋雨、大雪になる寒波…天候の崩れはしょっちゅうあります。 住む地域によっては、温暖であまり天候の崩れがない地域もあるそうです。 関東のように強風が吹気巻くったり、大雨や雪などもほとんどないそうなので、うらやましいなあと思ってしまいます。

http://kansetutuu-sinkeituu.com/ryoushin