2016年3月

退職金に不安を感じている看護師さんがもしか

退職金に不安を感じている看護師さんがもしか

(公開: 2016年3月19日 (土))

退職金に不安を感じている看護師さんがもしかしたら、多いかもしれません。退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。小さいクリニックでは、多くありません。やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、ほとんどの人にとっていいとは言えませんが、大規模な病院の方が待遇が優れています。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。対する看護師の仕事は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、年間を通した平均収入の額ですとはっきりと、看護師の方が額は大きいのです。医療に関わる職場において常に需要が高い傾向が見られますから、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。看護士の募集はいくらでもありますが、希望に合った条件の求人があるとは限らないものです。看護資格を持つ方で就職できさえすればいいと思う方は少ないでしょう。なるだけお給料が高めで職場の環境も良く、夜勤がないというところで働きたいと思われる方が多いものです。希望に合ったところに転職するには、情報収集を行うことが重要になります。看護師の転職時にはしっかりと履歴書を書く必要性があります。書き方としては、重要なことが数点あります。まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った新しい写真を使いましょう。さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確にきれいな字でわかりやすくじっくりと書く事が大切なことなのです。意外に思うかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に保育園がある事をご存知ですか?職場が保育園となると、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。仕事の内容は、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。看護師の資格をもらうための国家試験は、年に1度あります。看護師が足りないことが問題視されている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高い水準を保っています。看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできれば合格が可能な試験です。看護士の求人はいくらでもありますが、希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になります。看護師は医療ミスとは無関係だと考える人が少なからずいるかもしれません。よく医師の手術のミスが報道されていますからね。ただ、注射や点滴などのミスもあり、最悪の事例だと、訴えられるというケースも看護師にも十分に想定される事態なのです。短期大学では、看護師と保健師、助産師を受験できる資格を得るための総合的なカリキュラムがあります。大学なら難易度の高い看護学が学べるため、専門性のある看護師を志す人にはいいと思います。大学は短大や専門と比べて1年多い分、保健士の勉強も行えます。キレイモ 渋谷